スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

第三種換気の給気口の実態?

第三種換気の給気口の実態?

今回は、第三種換気の給気口から換気がされているか?を調べるために実験をしてみました。
IMG_3792.jpg

実験内容
動画① 換気回数0.5回   外気温25度、室内温度24度   2階給気口  
     通気層からの空気導入  二重胴縁   晴天弱風

動画② 換気回数0.5回   外気温度21度、室内温度25度  2階給気口
     通気層からの空気導入  二重胴縁  雨天強風


まずは、動画①https://youtu.be/y4tbN0_Tt0c
カバーを取り外しわかり易いように紐を付けてみます。 第三種換気の給気口からフィルターを通して空気が入っているので、紐が動いているのがわかります。 もっとわかりやすくするために、フィルターを取ってみると、一気に風量が上がり空気が中に入ってきていることがわかります。 では、ここで窓を開けてみます。(55秒後) そうすると、気密が悪い状態と同じになります。当然、風量が少なくなり紐の動きも弱くなってしまいました。(1分19秒後に窓を閉めてみます)

次の動画②は、https://youtu.be/ljyvWLK0TbI
外の風が強く吹いている時の実験動画です。 風が強いので、窓を開けても風速で給気口から吹き上げて空気が入ってきます。 ですが、窓を閉めると一定の風量で空気が入ってきていることがわかります。

ところで、なぜ2階の給気口で実験したか?というと・・・
気密性能が低い住宅の換気計画は2Fの給気口から給気されないで排気される現象が起こります。つまり、給気される場所から給気されないのですから換気の計画が成り立たなくなってしまうのです。実験でわかったことは、気密性能が高気密(2.0cm2/m2以下、できれば1.0cm2/m2以下が望ましい)であれば換気計画が設計通りに働いてくれることが実験でわかります。ちなみに、この建物は給気取り入れ口を外部フードから取っているのではなく、土台水切り部から通気層を通して給気をとっていますが外壁間の通気層からの通気もしっかり確保されていることも実証されました。
※注意:外壁間の通気層からの空気取り入れは、寒冷地だからできることです。 蒸暑地では通気層内の温められた空気が室内に入ってくるので、この方式は注意が必要です。また、気密性能が2.0cm2/m2を超え始めると2Fの給気口が排気口になり外壁の内面で結露が発生する危険がありますので2.0cm2/m2以下できれば1.0cm2/m2以下の気密性能が推奨されます。

まとめ!
気密性能を高気密化にする理由は、「換気量をきちんと設計計算した数値通りにしたいから、風の影響で自然換気が加わらない水準まで...建物の気密化を図る」ためです。そのため、計画通りに換気されるようにするために意識して気密の施工をする事が大切です。その他に気をつけたいことは、給気口の位置が寝室の枕元や子供室の机付近のような常時、人がいる場所に給気口を設置すると冬には寒さを感じる事になりますので、寒くならないように暖房器の位置も合わせて計画することが室内環境の温度状況を向上させるためには重要なポイントになります。

参考
下記の表は「気密性能と内外温度差と風速の関係」
●出典:「住宅の省エネルギー基準と指針」より
気密性能と内外温度差と風速の関係
        
例 えば、上記の表で外気温0℃室温20℃の気密性能が2.0cm2/m2の場合では、平均風速2.5m/秒時の隙間換気量は0.2回/hとなります。また風速が6m /秒になると0.5回/hの隙間換気量になってしまいます。そこで計画では0.5回/hが義務付けですから、この場合は以下のようになってしまいます。

0.5回/h+0.2~0.5回/h=0.7回/h~1.0回/hの膨大な換気回数になってしまいます。
これでは計画的な換気にならず省エネにもならず、ランニングコストのシミュレーションもできない風任せの換気システムになってしまいます。若しシミュレーションがあるとしたら「絵に描いた餅」ということになります。

世界的には、隙間相当面積でいえば1.0cm2/m2より大きな隙間相当面積は、気密住宅とは言わないそうです。

真面目に高性能住宅を設計あるいは施工している業者の多くは、気密性能を平均0.7cm2/m2以下で出しています。その気密性能でも、0.1 回~0.18回/hの換気回数が加算されるのですから、できれば極力…さらに小さな隙間を目指すようにし、自然換気をゼロに近づけることで計画通りの換気 がなされることになります。
それが0.5回/hの換気量を作れる家の条件となると考えます。

いつも応援ありがとうございます♪
応援クリックお願い致します↓↓↓

その他の住宅情報はこちらから人気ブログランキングへ    にほんブログ村 女性建築士

スポンサーサイト
Comments (1) Trackbacks (-) | 換気

手軽にお手入れ!

手軽にお手入れ!

木製玄関ドアのお手入れをしました。
木製の玄関ドアは、塗装品の場合、購入当初は工場で塗装をしてきますが、メーカーさんのお薦めは、引き渡し後直ぐに塗装をすると長持ちします!とのことでした。さらに、定期的に塗装をするととても長持ちするのです。IMG_2737.jpg


ですが、忙しさにかまけて1年ちょっと放置したため、日焼けと風雨によりドア下部分の色あせが目立ってきたため、「これはまずい!!」と思い、重い腰をあげ塗装をしました。
このまま放置しておくと、さらに色あせがひどくなったり、表面がボソボソとなったり、カビが生えて黒ずんだりしてメンテナンスもしにくい状態になってしまいます。






では、実際に塗装をしてみることにします。IMG_3510.jpg

お引渡し時に頂いた、専用の塗料(小さな缶)と
ホームセンターや100円ショップなどで購入した刷毛を準備します。









まず、玄関ドアのホコリを取るために、溝用に歯ブラシの使い古し、ホウキでドアを払い、その後、雑巾で水拭きをします。
水拭きが乾いたら、早速塗装をします。
塗料の缶を開けかき混ぜ、刷毛に適量の塗料を付けて塗っていきます。
IMG_3526.jpg
 ワックスの様な感じでなかなか塗料が伸びないのと、刷毛が小さかったために1時間ほど掛かりましたが、意外と簡単にお手入れが出来ました(*^_^*)











お手入れを放置していたために、上と下で色が変わりすぎましたが・・・塗装をし直すだけで、色、艶が戻り新品の様に戻りました。
↓↓↓↓↓IMG_3513.jpgIMG_3514.jpg



木製の玄関ドアは、お手入れが大変なので・・・。と言われますが、車も洗車してワックスをかけたり、お手入れしますよね?住宅も掃除しながら、メンテナンスやお手入れをすると、意外と簡単にできるのです。
建てたから終わり!では無く、住宅も長持ちさせるためには車のようにお手入れすることが大事なのです!
今回の作業で、自ら維持保全を簡単にできる住まいづくりを提案していけたらと、改めて思えたのでした。


いつも応援ありがとうございます♪
応援クリックお願い致します↓↓↓

その他の住宅情報はこちらから人気ブログランキングへ    にほんブログ村 女性建築士

気密と防湿・・・実は違うもの!

気密と防湿・・・実は違うもの!

気密がしっかり確保されていれば、防湿もできている!と思っている方がいますが、実はそれは違うものなのです。

 『気密』は、隙間風の侵入を防ぐ目的、暖冷房熱の漏気を防ぐ目的で行われます。さらに肝心なのは、24時間換気を計画的に有効に働かせる目的があります。
 例えば、ストローに無数の穴が開いているといくら吸い込んでも飲み物は口まで届きませんね。それは、隙間があることで途中から漏れてしまっているからです。
住宅も隙間があると、隙間風が入ってきて寒さを感じたり、暖房も室内から漏れてなかなか暖まらなかったりと省エネに結びつかなくなります。
そして、24時間換気を計画通りに働かせるためには、隙間相当面積(C値)は最低でも0.7cm2/m2以下!できれば0.5㎠/㎥以下にすることがとても重要なことになります。
住宅の気密性能は高ければ高いほど、空気を計算通りに流すことができます。しかし、現場で気密ゼロの潜水艦を作るわけにいきません。そこで、風の影響や温度差換気の影響をなくするためには、隙間相当面積0.7cm2/m2以下の気密性能が望まれます。最低でも1.0cm2/m2の性能が必要です。その根拠は自然給気、機械排気型(第三種換気装置)の使用を前提にすると、換気ファンでつくる圧力(内外差圧)が1.0mmAq位あると、通常の風の風圧力を上回り、風の影響をほとんど受けなくなります。内外差圧が1.0mmAqをつくるために必要な気密性能が0.7cm2/m2なのです。隙間だらけの住宅では、この圧力ができないのです。ですから、気密を確保することは重要なことになります。

そして、気密よりももっと重要なことは『防湿』です!
何故か?というと、気密は、柱の外側、柱の内側、どちらでもとることが可能です。つまり、施工で考えると取り易いところで気密を確保することが可能なのです。しかし、防湿は違います。断熱層の室内側でとることが基本となります。そこに施工の難しさがあるのです。
なぜ防湿が重要なのかというと、防湿が切れると生活上に発生した水蒸気が壁及び屋根体内に入り、躯体内結露のリスクが高まります。水蒸気の大きさは、10万分の4㎜と言われていますが、なかなかピンとこない数値です。10万分の4㎜を例えるなら、100m先にある米粒を目視でみるサイズになります。この小ささなので施工中の防湿、気密処理には細部まで神経を使うのです。

先貼りシート完成
後張り施工そこで私は、防湿シートで防湿と気密を一気にできる施工を重要視しています。
後貼り施工ですと、細かい部位の気密テープ処理が大変難しく、また、テープの施工箇所が増えるためリスクが高まります。また、数年後に木が痩せてテープが剥がれ、隙間が空いてしまい気密性能が落ちやすいという事も考えられます。
ですから、建て方時に先貼り施工を行う事で細かい部位の気密テープ処理が減り、防湿シートの連続施工が可能となります。先張りをしておくことで数年後の劣化対策にもなるため推奨しております。


※気密は省エネと換気、熱のコントロールを目的として、防湿は湿度の躯体内への流入流出をコントロールする目的だと考えます。気密と防湿をひとつのことと考えるのではなく、分けて考えることが重要となり、両者を上手に計画して施工することが良い性能の住宅になるのだと私は思います。


いつも応援ありがとうございます♪
応援クリックお願い致します↓↓↓

その他の住宅情報はこちらから人気ブログランキングへ    にほんブログ村 女性建築士
Comments (0) Trackbacks (-) | 施工方法

苦い経験から学ぶ屋根の二重防水

苦い経験から学ぶ屋根の二重防水!
屋根の施工で一番気を遣うのは、工事中に雨や雪が突然に降ってくることの対策です。
二重垂木での屋根施工の場合、一段目の垂木を施工後に捨て合板を施工しますが、合板が突然の雨や雪で濡れてしまいそのままにしてしまうと結露の原因になってしまいます。また、捨て合板は、一般に多く利用されているダンボールで造られている通気部材と違って屋根に断熱材を施工する場合の押し込み防止の役割も果たしますので確実に通風が確保できるメリットがあります。

そこで私の設計では、屋根の二次防水として、一段目の垂木施工後に合板を張った上に透湿防水防風シートを軒先から棟まで全面に施工することを基本としています。その役割は防風及び防水のためですが、これには苦い経験があってこの施工方法になりました。

その苦い経験とは?

下の写真をご覧下さい。
waVGgqRvPiGDlKo1458897358_1458897416.png一段目の垂木の上に合板を施工し、その上に透湿防水防風シートを張った後に雪が降り、日中に気温が上がりその雪が融け始め、深夜から朝方にかけて気温が低下、そのため氷(ツララ)になってしまったのです。   
写真はその状態です。
実は、少し前までコスト面から全体に透湿防水防風シートを施工しないことがありました。合板の接合部には防水テープで処理をしていたので少々の雨、雪が降っても大丈夫だろうと思っていました。しかし、この苦い経験があってからは屋根全体にスッポリ透湿防水防風シートを包むように施工するようになりました。結果、写真で検証できたように雨、雪が降っても心配することがなくなりました。



次の写真はその施工方法です。
IMG_9895 (2)
透湿防水防風シートを敷設後、二段目の垂木を施工します。
通気層としては次世代省エネ基準では30㎜以上の通気層の厚みをとることとされていますが、私は、積雪荷重なども考慮し90㎜の垂木で設計しております。
その後、野地合板を施工しアスファルトルーフィングで一次防水をし、屋根の仕上げ材を施工します。軒先側は透湿防水防風シートを≒300㎜屋根から壁に予め下げて屋根のシートと壁のシートと切れ目なく連結させるための先張りシート施工を行います。



施工時に天候など気を付けていたとしても、何が起こるかわからないので、このように未然に防ぐ施工方法が必要だと思います。





その他の住宅情報はこちらから人気ブログランキングへ    にほんブログ村 女性建築士
Comments (0) Trackbacks (-) | 施工方法

断熱改修したのに床が寒い!!

断熱改修したのに床が寒い!!

先月、築30年の家を断熱改修したA様から、『寝室の床だけが寒く感じるんだけど、断熱材入れたよね?』とクレームの連絡が入りました。

12825580_688581767951093_1209810692_n.jpgA様のお宅へ行ってみると確かに冷たい部分があり、熱カメラで撮ってみると床表面で極端に温度差があることがわかります。不思議なことは、集中的に冷たい部分が数カ所点在していました。










断熱リフォーム前の床は根太工法の断熱が無い状態でしたので、根太間に105㎜のビーズ法ポリスチレンフォーム特号(発泡スチロール)を充填し(挟み込み)、気密シートでしっかりと防湿・気密化を図り改修を終えました。施工中の写真では施工ミスがないようにしっかりと充填され、気密処理もしっかりしていたので、とても不思議に思いながらも床下の調査を行いました。
716 - コピー769 - コピー


床下に潜り確認すると、やはり施工ミスはなく断熱材はしっかりと充填されているように見えます。しかし、床下側から根太間と断熱材の施工状態を細かく目視すると根太と断熱材の間に小さな隙間が点在していました。この隙間が床の表面温度を下げている原因だと考えられます。しかし、この程度でだけでは熱カメラに写ったあの酷い状態にならないような気がします。
そこで、さらに合板と断熱材との間にも隙間があるのではないかと考え、下から断熱材を押し込んでみました。すると断熱材を合板側に押し込むと5mm程度押し込まれ密着させることができたのです。
床下断熱充填

原因として、
①根太と断熱材の間に隙間が生じていたこと。
②断熱材施工後の隙間に一液性のウレタンで断熱補修をしたけれども、断熱材の厚さ(ここでは100mm厚)の下端までウレタンが充填できず断熱効果を弱くしてしまったのです。つまり、100mm必要とする断熱材が20mm~50mm程度しかウレタン充填補修されていないのです。
③さらに床下の外気が、根太と断熱材の隙間を通って、合板と断熱材の隙間部分を冷やし、表面温度を極端に下げていたのでした。これが熱カメラで見られる表面温度が上がらなかった理由だと考えられます。

根太間に発泡系の断熱材を充填(挟み込む)する場合は、目視でよく見えていても根太と断熱材との間に微妙な隙間が生じることがあります。その場合は一液性のウレタンで隙間を断熱材の厚さ分まで充填するか、(断熱材をVカットしてウレタンガンの先が断熱材の下端まで届くようにしてから補修する)根太の下端4周囲に断熱受け材をセットして、断熱受け材に密着させるように上から断熱材を挟み込むようにしてすると隙間を防止できるのでお薦めです。
Vカット
 ※写真はVカットして断熱材の厚み分を綺麗に断熱補修した断面

原因が分かったのでまずは補修です。
根太と断熱材の隙間をなくするために下から押し込み断熱材を床下地合板に密着させて、さらに一液性のウレタンで下から隙間を充填し断熱補修を行いました。補修後、熱カメラで見てみると床の表面温度が上がり改善したことがわかります
12822930_688581787951091_756729724_o.jpg12834644_688581804617756_11404528_n.jpg


後日、お施主様からも『体感的にも室内温度は上がったよ!』とご報告がありホッと胸を撫で下ろしました。

※予算的に可能であれば断熱改修でも床断熱ではなく基礎断熱を行うことにより、このような施工ミスは防ぐことができます。
 

その他の住宅情報はこちらから人気ブログランキングへ    にほんブログ村 女性建築士

Comments (0) Trackbacks (-) | 断熱改修
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。