FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年12月
ARCHIVE ≫ 2015年12月
      

≪ 前月 |  2015年12月  | 翌月 ≫

高性能住宅の住まい方!

高性能住宅の住まい方
気密住宅が普及したての頃の住まい方マニュアル、あるいは住まいの手引きの「結露と暮らし方」では
①開放型ストーブを使わない。
②加湿器は使わない。
③洗濯物は室内に干さない...
④台所、浴室は使用時、使用後は積極的に換気を図る。
⑤家具の裏や押し入れは通風をよくする。
⑥非暖房室はつくらない。
⑦窓に結露が出たらすぐ拭き取る。
⑧窓を開放し、室内の水蒸気を外に排出する。
・・・・など住まう側に制約を強いる事がほとんでした。

現在でもマンションなどでは、「結露を防ぐ快適な生活…注意!!」などと似たような結露対策が行われています。
WS000079.jpg
高性能住宅、高気密高断熱住宅、は本来、生活と暮らし方を制約するものではなく、②、③の注意さえ守れば、快適で自由な生活が可能です。その②、③の注意?とは
結露を防ぐためには、先ず、全室暖房で室温を維持することが大切です。室温を保つと結露はほとんど防止することができます。

北国地方では全室暖房をし、換気を図ると冬期間は相対湿度が40%を割り込む場合いがありますので注意が必要です。
暮らし方で問題が起きるとすると、北側の外壁面に設けられた押し入れは危険です。
押入れの布団が外壁面に接している場合は、室内側の表面温度が低下して結露が発生する危険性が高く、昔は押入れの内側にスノコを施工する。・・・・・などの対策が取られていました。

最近、セントラルヒーティングの普及とともに、結露が減ったため、また外壁面に押入れを設けるプランも増えてきましたがスノコは見かけなくなりました。外壁面に押入れにスノコを設けていない場合は布団を壁に押しつけないようにしましょう!

換気スイッチ


現場施工の手違いで集中排気型換気扇(各部屋に排気が無いパターン)の場合はドアのアンダーカットがないか、あっても非常に小さい場合、換気が取れず被害が出る危険性があります。常識では考えられないのですが万一のために普段はドアを開放的に使うようにしましょう。


高性能住宅、オール電化住宅、高気密・高断熱住宅では全室暖房と同時にセントラル換気が必要です。この条件があって、初めて自由な暮らし方ができます。そのため、換気システムがユーザーにより止められる構造になっている場合は問題です。国産の特にダクトレス換気システムは入り切りスイッチがあるので注意が必要です。●換気は24時間常時換気することを心掛けしましょう!

その他の住宅情報はこちらから⇒人気ブログランキングへ  にほんブログ村 住まいブログ


スポンサーサイト



Comments (0) Trackbacks (-) | 住まい方

気密測定&換気の風量測定!

完成した増改築住宅の気密測定と換気の風量測定を行いました。
結果は、C値0.31㎠/㎥でした。  
中間時は0.28㎠/㎥。中間時以降の工事でも職人さん達が注意を払い、ほとんど問題がない施工となっていた証!
私達が取り組んでいる、施工品質確保の意識共有がされている事で職人さん達を誇りに思いました。
1917593_585573351593414_3503831024098736472_n.jpg
気密がしっかりとれている事は、24H換気も計画通りに働くことになります。その為、私達では換気の風量測定も欠かさずセットでお願いしています。
換気の風量測定に関しては、他の住宅屋さんではなかなか行っていることを耳にしません。本当に0.5回/hの換気が行われているのかを確認するためにもとても必要な測定だと思って取り組んでおります。



12360001_585573318260084_2385482486542234048_n.jpg気密測定及び換気の風量測定をお願いしている住まい環境プランニングさんは、数値を良いものにするためにすべての穴に目張りをするのではなく、お施主様が生活される状態で測定をするため、自然に給気される隙間(例えばレンジフードは閉じた状態、窓はある程度調整はしても気密テープなど目張りしないなど)は塞がずにすること。また、中間時の気密測定において結果が著しく差がある場合は、原因を調査し究明して解決策をアドバイスしていただけるのです。
私は、それを聞いたり、見た時に、ハッとしました。
以前は、ただ数値を上げることだけに気をとられ目張りを必ずしていました。
でも、居住者の目線で考えると、目張りした空間で生活などしていないのです。
数値ではなく、通常の生活レベルで気密が保たれ、換気が効いている環境を創ることが重要だということを教えられました。
それからは、他社に頼むことがなくなりました。

居住者の目線で考える!これこそが、当たり前な性能の在り方だと私は感じます。


その他の住宅情報はこちらから⇒人気ブログランキングへ  にほんブログ村 住まいブログ


Comments (0) Trackbacks (-) | 測定検査